アイフォンを衝撃から守る為のケース

アイフォンは衝撃に弱いと言われています。中でもアイフォン6以降の機種は隅がラウンド状になっているため、特に衝撃に弱く落としてしまうとすぐに画面が割れてしまいます。そのため衝撃から守ってくれるケースは必須だと言えます。手帳型のように表紙部分で画面を守ってくれる物、シリコンと固い素材でとにかく衝撃に強い物などさまざまですが、使っている本人がどのように操作しているかによってケースが向いていたり、向いていなかったりします。「たかがケースでそこまで意識しなくても」という考えは大きな間違いで、自分の使い方に合っていない物を使い続けることで腱鞘炎の原因になります。そのため、ここからは片手操作か両手操作で、それぞれどのような物が適正かどうかをご紹介していきます。

片手操作の方は薄さかつ耐久性を重視

片手で本体を操作する方は薄さと耐久性に優れた物をオススメします。というのも、厚みが生じてしまうとそれだけで操作性が悪くなり、落下の原因となりうるからです。バンパーがオススメです。バンパーとは背面はむき出しで側面のみを覆った物で、本体の最大の弱点である隅を守ることに特化しています。それでいて、背面を覆っていないので厚みも生じません。また背面がむき出しになっているので、背面のアップルのロゴなどのデザインを楽しむこともできます。側面を覆うので横に対する肥大感はどうしても避けられないのですが、その場合はバンカーリングを使用しましょう。バンカーリングとは本体の背面に直接貼り付けることのできるリング状の物で、指を通して使用します。これによって肥大化された端末でも安定したホールド感で操作することができます。

両手での操作は何でもアリだけどオススメは手帳型

両手での操作をメインとしている方は片手操作の方とは違い、そこまで優先して意識することはありません。なぜなら両手による操作で安定性や操作性は約束されているからです。そのような中でも特にオススメと言えるものが手帳型タイプです。手帳型は手帳部分と本体を固定する部分の二重構造の物が多く、衝撃に強いです。また表紙となる部分がキズ防止に貢献してくれます。また、物によっては通話時に耳を当てるイヤースピーカーの部分に穴があいている物もあります。これは表紙を閉じた状態でも通話ができるので邪魔にならないというだけでなく、汗や皮脂などの汚れが付着しないというメリットもあります。片手操作の方はこの表紙が邪魔で操作性が悪くなるという意味でオススメ出来ませんが、両手操作の方には手帳型がオススメと言えるでしょう。”

スマートフォンケースとお揃いの持ち運べるモバイルバッテリー。バッテリー残量確認可能な液晶モニター搭載 コンパクトミラー・スタンド機能搭載の女性向け手帳型スマホケースもご用意しております。 iPhoneシリーズ各種対応のスマホケースあります サポートデスクへのお問い合わせは平日11:00~17:00。お問い合わせページからも受付も可能です。 選べるデザイン900種類以上のミラー付スマホケース お気に入りのアイフォンケースが見つかるサイトは【コラボーン】